在宅ワークでアフィリエイトを選ぶと・・・

その人それぞれと言ってしまえばそれまでだが、最近は一般企業においても副業を認める所が、でてきています。

例えば、あのめちゃくちゃ忙しいとされる佐川急便も数年後には週休3日へ変わります。そうなれば、今までできなかったことや家族サービス、生活の質は間違いなくあがります。

ただ、あまり期待できないのが本来の収入。会社員にとって収入は福利厚生やボーナスなど安定を約束された仕事です。正社員を目指している人にとってはこの上なく魅力的なものだろう。

その安定を確実のものとした上で更に収入をあげる手段はないだろうか。そうも考える人は少なくない。実際、いろいろなところで、FXであるとか、デイトレイダーという言葉を耳にする。

だが、この二つの仕事には、必ずハイリスクハイリターンというものがついてまわる。

よほど、経済に精通しているとか、仕事自体が少し関わっているなどという以外で新しく始める仕事としてはかんりの勉強が必要となるし社会情勢や会社の不備によってもかなり変動するので、本格的に関わろうとするのであれば、それこと家に数台のパソコンをおいてずっと状況を把握する必要さえでてくる。

そこでもう一つ出てくるのが「アフィリエイト」。なんだかよくわからないこの言葉。だが実際に始めている人は少なくない。

「アフェリエイト」とは、おそらくだれでもが知っているもの。それは、ネットで何かを見ていると大抵どのサイトにおいても横にであり、前面にであり、そして流れて降りてくるものであったりもするあの広告のバナーのことを全般に言う言葉。

民放のテレビを見ていると、間隔ごとに提供している会社のコマーシャルが入る。テレビはその広告収入を得ることによって番組を作ることができ、そしてコマーシャルを入れた側の企業はそこで宣伝することで商品を消費者に認知してもらうという仕組みだ。

だが、それだと単純に利益の行き交いは行われるのはテレビ局と会社。だが「アフェリエイト」の仕組みはそこが違う。

ネットを利用している人が「アフェリエイト」という手段をとり自分が広告を出す。広告はその専門のサイトがあり自由に選ぶことができる。

そして広告をネットに貼り、そこでネットを見ている人が商品を買った場合に広告の宣伝料として自分にお金が入る仕組みだ。最近では、資料を取り寄せたり、サンプルを請求することをしただけでもお金が入る広告もではじめた。

そしてこの「アフェリエイト」の魅力は、その広告を貼ってしまえば、あとは何もしなくていいという設定である。

自分の貼った広告を見たかどうかの追跡も自動で行われるのであとは待つだけなのだ。

では、なぜこの手法を取り入れようとする人が増えてきているのか。それはテレビという長年君臨し続けるメディアに広告をのせると莫大な経費がかかるのは誰もが知るところだろう。

しかしネットにおいてはその単価が安くつく。しかもネットという常に拡散しやすい環境に広告を出すことで安く上がるうえに効果も高くなる。そこが企業の思惑が重なった関係となったからだ。

こうして人によっては、普通に働くよりもさらに多くの副収入を得ている人も出始めている。だが、お金を儲けるということは、それほど簡単にできることでもない。

もし「アフィリエイト」を始めたいと考えるなら、まずはできる限りの知識を持つことが必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です