エントリーシートの字の書き方。

字をきれいに書くことは重要です。社会の中で全うに歩むことは、人に対する礼儀として、その様式として字のスタイルはあるべきです。

家族へのメモ書きは多少きっちり書いていなくても、見る相手は将来の上司になるかもしれませんので、気を付けた方がいいです。

ですが、実際の採用の段階に当たっては、字が綺麗だから入社できる、というわけではないので、気にしすぎる必要はありません。ただ、一般的に良好であるという判断をもたれるだけで十分です。

結局企業は実務の労働がこなせるかどうかで見ています。

たとえば、文書作成はふつう、パソコンでやりますし、字が綺麗である職業は書道家だけでしょうか。(笑)

なので、企業から提出を願ってくる文書のひとつひとつに緊張を覚えることなく、的確にこなしていく感覚が必要になります。間違ったら書き直せばいい。

その感覚で十分です。また、企業によっては、字の運びから間違わずに作業ができるかというテストをしているところもありますので、もしそれが試験であるとしたら、速さにこだわらず正確であることにこだわってください。

お客様や取引相手に迷惑になるのは、コミュニケーション不足や、自分の間違いに気づかないことがメインですので、もし現場でのエントリーシートに書き損じがあった場合は、恥じることなく、もう一枚ください等、手を上げることも重要でしょう。

まちがったら、訂正をする。その前に報告をする。これは企業のみているところです。

エントリーシートの内容を恥じることなくかけること、そして、わたしはこういう人間です。と胸を張るまではできませんが、御社に尽くしたいと、そういう思いで書けるといいですね。

その上で、字の書き方に注意するといいと思います。学生のときはなんでもテストで採点されてくる訳ですが、企業の方はテストでは給料は出しません。

エントリーシートに御社での仕事に対しどう意欲を持っていて、これまでの人生経験上その会社が結び付くかどうか説明できればいいと思います。

ただ、エントリーシートでどこまでの設問があるかは、企業によってもさまざまでしょうから。

いろいろ考えてきたけど、あっさり終わった。または、自宅でのエントリーシートの書き込みでも、こんなものかという感じのばあいもあるかもしれません。

入社までの途上にある段階です。企業の価値観が合うならまず本命と思い頑張ってください。

最後ですが、字は人を表すとも言います。普段よりの字の使い方、そしてその字を連ねる前に、言葉遣いの訓練もしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です